コラムメニュー

2009〜2010年

2010.12来年は

師走の候となりました。本年も当サイトをご覧頂き、誠に有り難うございました。いよいよ来年は、浄土宗...

2010.11戒名のこと―「麗峰院」

ある日のこと。電話が鳴りました。「仏教情報センターから紹介され、連絡しました。K市に住んでいます...

2010.10異聞 蜘蛛の糸(後)

―承前―「カンダタさん、カンダタさん」カンダタは、耳もとに自分の名を呼ぶかすかな声を聴きました。...

2010.09異聞 蜘蛛の糸(前)

ある日の事でございます。お釈迦さまは、極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶらお歩きになっていらっしゃ...

2010.08夏の終わりに

お寺にとって夏は多忙な季節。お盆やお施餓鬼などの行事が目白押しとなるからです。お盆のお参りに檀信...

2010.07私と仏教

誰しも人生を生きていれば、途方に暮れてしまうような経験を一度か二度はするでしょう。これは以前、私...

2010.06柿公窯訪問

今月はやや趣向を変えて、写真を幾つか掲載したいと思います。5月10日に茨城県高萩市の柿公窯(しこ...

2010.05津末玄夫氏のこと

去る4月12日、北里大学で長く教鞭をとられた津末玄夫氏が79歳で逝去されました。氏は私の母の従兄...

2010.04浄土宗の開宗

浄土宗をお開きになった経緯について、法然上人が語られたお言葉が残っています。以下にご紹介するのは...

2010.03苦しみについての教え(後)

(先月よりつづく)

「そして…この話には続きがあるんだ。」和尚さんは、また話し始めました。...

2010.02苦しみについての教え(前)

仏教を学びたい、という若者が和尚さんのところにやって来ました。「ほう、それは感心だね。で、今日は...

2010.01年頭にあたって

新たな年を迎えました。本年も、林海庵ならびに当サイトを宜しくお願いいたします。『法然上人行状絵図...

2009.12三つの死

ある男が、この世の長い間のつとめを終えて、彼岸の世界へと旅立ちました。長い間、と言いましたが、振...

2009.11母を送る

私ごとですが、10月6日に母が浄土に旅立ちました。母は一人暮らしで頑張っておりましたが、今年の初...

2009.10あるご相談より

先日頂いたメールです。「今年の夏に、夫を亡くしました。仏壇のことについて悩むうちに、こちらのHP...

2009.09「仏事には疎(うと)くて…」

と、おっしゃる方々―心配ご無用です。林海庵の檀信徒は、ほとんどがそういう皆さんです。ここは新しい...

2009.08お施餓鬼とお盆─施しの心

その方の職業はそば屋さんです。「ときどきボランティアで、老人ホームに行きます。皆さんの目の前でそ...

2009.07恵心僧都(えしんそうず)念仏法語

つい先日のこと、たまたまお会いした天台宗のご住職に教えて頂きました。あわてて筆記したものですが、...

2009.06千の風―返歌

私の誕生を祝わないで下さい私はいま生まれたのではありません母のお腹の中で夢を見ていたのですその前...

2009.05崇敬の心

自分より高い存在に礼拝する─これが宗教の基本です。礼拝する対象が自分よりはるかに高い存在である、...

2009.04映画を見ました

映画「おくりびと」─評判通りの優れた作品で、感動しました。僧侶の立場で観ますと、余計に臨場感とい...

2009.03法然上人の物語 (下)

法然上人の胸の内にあった唯一の希望─それは、阿弥陀仏の極楽浄土に救いを求める、という教えでした。...

2009.02法然上人の物語 (上)

比叡山に登った法然上人の胸の内には、いつも二つの問題が巡っておりました。それは他でもありません、...

2009.01年頭にあたって

新たな年を迎えました。本年も林海庵ならびに当サイトを宜しくお願いいたします。元旦の修正会では、法...