QA目次へ

Q&A 11

質問11

浄土宗
念仏の称(とな)え方を教えて下さい。
〈回答 11〉 主な称え方は二通りです。
まず、「十念」といって、十回のお念仏を称える方法です。
初めに、「ナムアミダブ」と八回称えます。
「ナムアミダブ ナムアミダブ ナムアミダブ ナムアミダブ
ナムアミダブ ナムアミダブ ナムアミダブ ナムアミダブ」
ここで息継ぎをして、一回だけ「ナムアミダブツ」と、「ツ」を加えます。
十回目は「ナームアミダブー」と、ゆっくりめに称えて終ります。初めの八回で息が続かないときは、四回、四回と区切って息継ぎをします。
これが十念です。

次に念仏一会(ねんぶついちえ)といって、数をたくさん重ねて称える方法です。
「ナームアーミダーブナームアーミダーブナームアーミダーブナームアーミダーブ... ...」
と、木魚に合わせて(木魚があれば、ですが)リズミカルに称えます。ではどのくらい称えるか——全体の数を決めたり、時間を決めておいたほうがやりやすいでしょう。たとえば朝三百回、夕に二百回。あるいは朝夕五分間ずつでも結構なことです。十分間ずつならなお結構。日々の継続が大事です。
そしてお念仏は、真実の心で称えよ、深く信ずる心で称えよ、そして強く極楽往生を願う心で称えよ、と教えられています。
十念、念仏一会ともに、すぐに慣れて簡単にできます。簡単にでき、しかもそこには「万徳所帰」といって、すべての徳が含まれています。思い立ったが吉日、朝夕の十念からでもいいですから、早速はじめてみましょう。

★近いうちに実際のお念仏の音声をお聞かせできるように準備中です。ご期待下さい!