QA目次へ

Q&A 171

質問171

仏教
 仏陀というのは釈迦一人のことを指すのでしょうか? それとも覚者はみな仏陀なのでしょうか?
〈回答 171〉 これは、文脈によって両方あります。英語でしたら、「Buddha(釈尊…固有名詞)」と「buddha(覚者…一般名詞)」を分けて使うところでしょう。
「仏陀」といえば多くの場合、釈迦一仏を指しますが、大乗経典を開くと無数の仏が出てきます。良く知られたところでは阿弥陀如来、薬師如来、大日如来、多宝如来…。
有名な「七仏通誡偈」(「もろもろの悪をなすことなく、もろもろの善を行ない、自らの心を浄めること、これが諸仏の教えである」)、も、釈尊と、そして釈尊以前に現れた6人の覚者たち(毘婆尸仏・尸棄仏・毘舎浮仏・拘留孫仏・拘那含牟尼仏・迦葉仏[*])が説いた偈文です。また浄土経典でいいますと、『無量寿経』に説かれる釈尊の説法は、「錠光如来・光遠如来・月光如来…」と、過去53仏の名前を挙げるところから始まっています。
ですから、文脈による、とご理解下さい。

[*] 読みは順に、
毘婆尸仏—びばしぶつ・尸棄仏—しきぶつ・毘舎浮仏—びしゃぶぶつ・
拘留孫仏—くるそんぶつ・拘那含牟尼仏—くなごんむにぶつ・迦葉仏—かしょうぶつ
です。