林海庵のサイトへようこそ!

林海庵(りんかいあん)は浄土宗の小さなお寺です  心安らぐ家庭的な空間です  仏事相談・心の悩み相談などお気軽に...


■お知らせや日々のこと
8月の行事のお知らせ New!

檀信徒以外の方、どなたでもご参加いただけます
椅子席ですので、正坐できない方でも大丈夫です
ご不明の点はお気軽にお問い合わせ下さい

  • ○ 楽しいお念仏の会(毎月第4土曜日)
     8月25日(土) 午後2時から(会費: 500円)
    *写真*百万遍の大数珠繰り
    法話と読経、大数珠繰りを行ないます。
    法話の時間では、浄土宗を開かれた法然上人のお言葉を中心に勉強しています。 なぜお念仏を称えるのか、お念仏を称えるとどう救われるのか、どういう心構えで生活していくべきか、など貴重な教えの数々です。ご一緒に声を出して原文を拝読し、そのリズムを味わいましょう。
    終了後はくつろいだ茶話会です。
    お袈裟やお経本はお貸ししますので、事前の準備はいりません。
    初めての方も大歓迎、どうぞふるってご参加下さい。

    *台風のため先月のお施餓鬼会にご参加になれなかった方のために、今年に限り今8月の会の中で新盆の諸精霊のご回向も行ないます。ご参加お待ちしております。

    *使用するお経本はhttp://www.rinkaian.jp/downloads/でもご覧いただけます。

  • 写 経 会 しゃきょうえ(毎月第2水曜日)
     7月8月はお盆のためお休みです。
     次回は9月12日(水)午後2時から。  

(2018/08/03)
林海庵のお墓にお参りされる方へ(恒例)

お盆からお彼岸にかけてのこの時期、特に朝夕は蚊も多くなりますので、お墓に電池式の蚊取り器や蚊取り線香を用意しています。石の腰掛けの下、プラ箱に入っていますので、ご自由にお使い下さい。終わったら次の方のために戻しておいて下さい(火気注意)。その他、プラ箱の中の花ばさみ等、共用品として用意したものですのでご自由にお使いいただけます。切り花活性剤など消耗品がなくなっていたらお手数ですがご一報頂けるとありがたいです。

(2018/07/23)
春彼岸会の法話の動画を公開しました

今やもうお盆ではありますが、今年3月のお念仏の会で、茨城県小美玉市の清浄院ご住職、堤忠春上人に頂戴した法話の動画を(やっと)公開しました。遅いことですみません。

堤上人の御自坊、清浄院のウェブサイトはhttp://www.shojoin.jp/です。ご活動の内容が詳しくわかりますのでどうぞお訪ね下さい。
今回の配布資料は、林海庵のダウンロードページに掲載しています。併せてご覧下さい。

(2018/07/13)
一枚起請文の音楽ビデオ

法然上人を信仰するイタリアの音楽家Massimo Clausさんが、住職読誦の一枚起請文をフィーチャーした音楽ビデオを作って下さいましたのでご紹介します。映像は奥さんのアーティストLauraさんの作品です。

(2018/04/21)
平成29年度寄付についてのご報告と御礼


林海庵では、平成29年度に皆さまからお預かりしたお布施の一部を、下記団体ならびに活動を支援するために寄付させて頂きました。謹んでご報告と御礼を申し上げます。

NPO法人難民支援協会、社会福祉法人いのちの電話、浄土宗・九州北部豪雨災害義捐金、戦死者からのメッセージの会、浄土宗東京教区青年会(いのちの募金、震災義捐金)、公益財団法人結核予防会、日本ユニセフ協会、川崎・オスロ被爆者キャンペーン、日本赤十字社(海外たすけあい)、アーユス仏教国際協力ネットワーク一般寄付、国連UNHCR協会、浄土宗東京教区青年会歳末助け合い、浄土宗開教振興協会、Vivienne Osaka孤児支援、多摩市社会福祉協議会(寄付月日順)

(2018/04/17)
2月のお念仏の会の動画

先月2月のお念仏の会の録画をYouTubeで配信します。
法然上人のご法語第21「精進」。

●お経本と配布資料はhttp://www.rinkaian.jp/downloads/から

(2018/03/21)
「おうちで浄土宗のおつとめ」動画第二弾です

おつとめ時の基本的な作法を解説しました。おつとめだけでなく、一般的なエチケットにも応用できます。お役立ちの一本、ぜひ一度ご覧下さい。

(2018/02/11)
「Myお寺でのおつとめ」の動画を公開しました

10月(平成29年)のコラムで自分で作れる祭壇のご紹介をしました。
・参考リンク《家の中にMyお寺をつくる
これに関連して、この祭壇の前でのおつとめのやり方を動画でご説明しました。


どうぞご覧下さい!

(2017/11/19)
東京多摩在住の貴寺院檀信徒様のご法務を代行します

全国の浄土宗ご寺院の皆さまへご案内いたします。
東京多摩地区(ないしその近辺)にお住まいの貴寺院檀信徒様のご法務を、当庵にて代行いたします。詳しくは
(PCの方)「林海庵概要」のページの「全国の浄土宗ご寺院の皆さまへ」の項
(モバイルの方)「全国の浄土宗ご寺院の皆さまへ」のページ
をご高覧下さい

(2017/08/08)
アーユスの機関紙に住職のインタビューが掲載されました

アーユス(アーユス仏教国際協力ネットワーク)は仏教系の社会貢献NPOで、林海庵もご縁をいただいて微力ながら応援しています。
アーユスが発行している冊子の2017年5月発行号に住職のインタビューが掲載されました。インタビュアーはアーユスのスタッフの三村紀美子さんです。
紙面の一部をこちらにも掲載します。「アーユス住職インタビュー」をぜひご覧下さい!(いきなり顔写真でちょっとビックリさせてしまいますが…)
※アーユスのウェブサイトへのリンクです:アーユス仏教国際協力ネットワーク

(2017/06/09)
お経本を公開しました

林海庵のお念仏の会などでおつとめしている「日常勤行」、本堂には製本したお経本を置いていますが、画面で見るためにpdf/docxの形式でダウンロードできるようにしました。下記リンクからどうぞ
http://www.rinkaian.jp/downloads/

(2017/03/17)
「仏教で学ぶわが人生」を開講します

ただ単に「仏教を学ぶ」ということではなく、「仏教を通じて自分を学ぶ」「自分の人生について仏教的な洞察を深める」という試みを始めます。
詳細は下記よりどうぞ。
 ○コラム2016年11月

(2017/01/06)
英語版「基本のおつとめ」の動画を公開しました

このたび英語による「基本のおつとめ」を作りました。住職が独自に編集したもので、浄土宗正式のお経ではありません。英訳は、浄土宗ハワイ開教区の『OTSUTOME』を参考にさせて頂きました。
毎日ご自宅で唱えられるように、15分ほどに編集しました。内容は、

  • 三帰依文(三宝礼)
  • 開経偈
  • 第十八願(『無量寿経』より)
  • 開宗の文(善導大師『観経疏』より)
  • 一枚起請文(法然上人)
  • 摂益文(『観無量寿経』より)
  • 念仏一会
  • 総回向偈
  • 十念
です。 是非、ご覧下さい。(ご唱和下さい!)

(2016/05/03)
国内開教使候補者を募集します

 浄土宗の国内開教寺院は、すでに全国に21か寺を数えております。
 新しい寺院の住職になる―それは容易なことではありませんが、一つ一つ進んでゆけば、夢はかないます。他ではとても経験することのできない、やりがいある宗教活動です。
 拠点さえ定まれば、自分の得意分野を活かした布教もいろいろと試すことができます。新しい檀信徒とのご縁が広がり、ともにお念仏に励むことができるならば、これにまさる悦びはありません。
 私も初めは不安でしたが、宗務庁担当者に相談し、宗門の助成金制度や貸付け金制度を利用しながらスタートを切ることができました。

 ご師僧にどうご理解頂くか、など気になることもあるでしょうが、国内開教使の経験者として林海庵住職が親身にご相談にのらせて頂きます。(秘密厳守します。)もちろん宗務庁にも窓口があり、ご相談にのっていただけます。
 進路に迷われている宗門僧侶の方は、ぜひ国内開教使の道をご検討下さい。
 ご連絡をお待ちしております。

(2015/09/07)
■住職のコラム
(過去のコラムはこちら→

《イメージ力が極楽浄土を作る?》

 仏教には「唯識(ゆいしき)」という学派があります。わが国では興福寺、薬師寺などの法相宗(ほっそうしゅう)がこの学派にあたります。
 唯識は、現代の深層心理学に通ずる立場であり、「アーラヤ識」と呼ばれる深層意識がわれわれの心の奥底に広大に広がっている、と考えます。この深層意識は絶えず動き、われわれの表層認識(視覚、聴覚など)や自己執着に展開してゆく。さらには、われわれの認識ばかりでなく、外界のすべての事物も実はこのアーラヤ識が展開したものであって、われわれが受身となって外界の客観情報を受け取っているわけではなく、まるで映写機がさまざまな事物をスクリーンに映し出すように、深層の心であるアーラヤ識がこの世界を作り出している、というような考え方です。
 常識的なものごとの受け取り方を180度ひっくり返すような観点といえます。仏教者が、「世界も人生も、自分の心が作り出すものです」、「幸せも不幸も、外側の世界に原因があるのではなく、実は自分の心が作っているのですよ」というような言い方をすることがあります。いずれもこの唯識の考え方に基づいているといえましょう。
 仏教の目的である覚りに近づくためには、われわれは瞑想修行をベースに日頃の心や行ないを清め、ひいては心の深層にあるアーラヤ識を清めてゆかなければなりません。これが唯識派の仏道修行の基本的な考え方です。

 さて、この唯識思想を大成したといわれる世親(せしん—4世紀ないし5世紀に活躍したインドの学僧)という人は、浄土教では『往生論』というテキストの作者としてよく知られています。
 浄土教が説く「極楽浄土」は、仏さま・菩薩さま方がおられる優れた世界、美に満ちた世界であり、経典には言葉を尽くしてその美や素晴らしさが説かれています。(岩波文庫『浄土三部経』などで原典を読むことができます)
 それでは世親の内面において、唯識の立場と、浄土経典が説く極楽浄土とはどのようにつながっていたのでしょうか。その関連性を知りたいと考え、ある浄土真宗の碩学が唯識に注目して持論を展開しておられる文章に当たってみました。浄土真宗の親鸞さまのお名前の「親」の字は「世親」からきていますので、浄土教と唯識の関連性については浄土真宗の学者さん方の方が関心を持たれているようなのです。ただ、その著書では、「法蔵菩薩はアーラヤ識である」と述べたり、あるいは浄土真宗の信心獲得を唯識の修行段階になぞらえたり、と浄土教の用語を唯識の議論に「横から」当てはめているような印象があって、私には今ひとつピンときませんでした。
 むしろ世親はストレートに、現実世界と同等のリアリティーをもつ極楽浄土を考えていたのではないか——アーラヤ識が現実世界として展開しているのとは裏返しになりますが、イメージの力で極楽浄土を現出させ、それをアーラヤ識に浸透(薫習)させてゆくことを考えていたのではないか、と私には想像されるのです。

 これと関連しますが、チベット仏教の一派では、睡眠中に見る夢をある程度コントロールしたり、あるいは明瞭なイメージを心に描き、集中力を使って別の人の心に同じイメージを映し出す、というような(いささか超能力めいた)修行を行なう、と聞いたことがあります。自分の意識や心の現象の奥深くを探求し、コントロールしてゆくというのが重要な修行徳目になっているのでしょう。
 浄土教に関連させて言い換えると、仏教徒にとっての理想世界である極楽浄土をイメージの力によって創り出し、次にその世界に自分の意識をうつしてゆく、この修行を続けることによって理想世界のイメージを徐々にアーラヤ識に浸透させてゆく…これがヨーガの修行のひとつだったと思われます。

「極楽浄土は実在するのですか?」
 これは誰もが抱く疑問ですが、唯識の立場からはこの問い自体が揺らいできます。なぜなら、唯識派のヨーガ修行者は、
「あなたは『極楽浄土は実在しないのではないか』と思っていますね。それは、(私たちのこの世界は確かに実在するが…)という先入観を前提として生まれた問いではありませんか? では、この世界は本当に実在するのですか? ただの心の投影ではありませんか? あなたの心が映し出している世界と、私の心が映し出している世界はまったく違うかもしれませんよ。」
と問い返してくるでしょうから。西方極楽世界、というと「大乗仏教徒が創造した架空の世界」と思っている方も多いと思いますが、唯識の考え方や修行を経由すると、その架空性・非実在性がにわかに揺らいでくるというわけです。
 さて、ヨーガ修行としてイメージの力によって極楽世界を創造し(繰り返しますが、それはこの現実世界と同等のリアリティーをもちます)、その世界に意識をうつしてゆくという修行が実際に行われていたとしましょう。この修行を行なうためにはよほどの集中力や想像力、また芸術家や建築家のようなイメージ力が必要です。また何年にもわたる厳密な訓練が必要になることでしょう。おそらく世親のような天才、あるいはごく限られた一部の人々にしかできないに違いありません。

 それでは、イメージ力をもって極楽浄土を創造してゆくのではなく、アーラヤ識の外部にすでに現実の極楽浄土が存在するとしたらどうでしょうか。これはあながちおかしな話ではありません。なぜなら、アーラヤ識は私たちの心の母体、煩悩の源泉、酔生夢死の舞台ともいえるからです。そこから目覚めたのが仏の世界です。極楽浄土は仏の世界ですから、アーラヤ識の外にあり、身体の生命が尽きるときにはこのアーラヤ識自体が極楽浄土に往生する——このように考えられるのではないでしょうか。アーラヤ識自体は私たちの夢世界、迷いの世界の源泉であるわけですが、この源泉(「たましい」と呼んでもよいかもしれません)が往生の主体となって極楽浄土にすくい取られ、やがては覚りの境地に導かれ成仏する(自身の空性を覚る)のではないかと思うのです。
 この、アーラヤ識の外なる極楽浄土に導いて頂ける手段が称名念仏というわけです。われわれが考えつく修行法はすべてアーラヤ識=心の中から生まれ、その影響の中で取り組まれるものなので、アーラヤ識自体の外に出るためには外側からの助力を借りる必要があります。それが「他力」というわけです。経典を調べながらこれに気づいたのが中国の善導大師、法然、親鸞といった偉大な方々です。イメージ力で生み出す極楽浄土とは異なる、外なる極楽浄土からの「他力」です。

 果たして他力念仏によって本当に極楽浄土に導かれるのか、さらには覚りに至ることができるのでしょうか。それは今の私たちにはどうにも確認のしようがありません。(臨終の時には分かるかもしれませんが。)ただただ経典や先師の教えを信頼し、「必ず極楽浄土に導いて頂ける」と思って念仏を続けるより他はないのではないでしょうか——
 このようなことを思いながら、『一枚起請文』のような法然上人のお言葉を拝読していると、心を超えた彼方の世界、極楽浄土からの呼び声が聞こえてくるような気がします。◆


■当庵の概要
  • 林海庵は、浄土宗の開教施策に基づいて多摩地区(※)に新設された小さなお寺です。
    (浄土宗サイトの寺院紹介 http://www.jodo.jp/13-445/

  • 住職は、笠原 泰淳 (かさはら たいじゅん)と申します。仏教情報センターのテレフォン相談員ほか、さまざまなご相談をお受けする訓練と経験を経ています。

  • 仏さまに手を合わせる心を、何よりも大切にします。

  • 葬儀や法事のほか、お盆のお経や仏壇の開眼だけお願いしたい、という方も歓迎します。

  • 悩み相談や仏教についてのご質問もどうぞ。(ご相談については宗派・宗教・無宗教を問いません。秘密厳守します。)

    (※) 当庵は東京都多摩市にあります。近隣の八王子市・町田市・日野市・立川市・国立市・国分寺市・府中市・稲城市・調布市・狛江市・川崎市(麻生区・多摩区)等にも出向きますので、お気軽にご相談下さい。

■たまにつぶやく

■試行錯誤中-Facebook

■ひとことメッセージ・あるいはご質問
  • お名前:


  • メールアドレス(返信先になります。必須):


  • お書き下さったメッセージを林海庵のサイトに掲載してもよろしいでしょうか?
    ○掲載時は特別な事情のない限り匿名にいたしますのでご安心下さい
    ○内容によっては主旨を変えない程度に編集して掲載する場合もありますのでご承知おき下さい
    ○その他ご要望がおありでしたら下記のメッセージ欄にお書き添え下さい

    結構です 困ります

  • コメント/ご質問:



■更新情報  ~サイト管理人より~
  • 2018/08/03... 遅くなりましたが、7月のお念仏の会の記録、8月の予定を掲載しました
    ・7月の会はあわや台風直撃かとヒヤヒヤしました。皆さまよくお越し下さいました
    ・フレッシュな慈眼院・遠田憲弘師の法話もわかりやすいと好評でした!
  • 2018/06/30... 6月のお念仏の会の記録、7月の予定を掲載しました
    ・7月のお念仏の会はお施餓鬼です。皆さまどうぞご参加下さい。
  • 2018/06/03... コラムを更新しました。先月までのコラムは(PC版 | モバイル版)をご覧下さい
  • 2018/06/02... 5月のお念仏の会の記録、6月の予定を掲載しました
    ・お知らせが遅くなってすみません。コラムも近日中にお届けする予定です
  • 2018/05/16... 今月5月のコラムの末尾に、誤って「この項つづく」と入れていましたが削除しました。微妙に長いので最初は2回に分けるつもりだったのでした…
  • 2018/05/02... コラムを更新しました。今月と来月2回に分けて掲載します
  • 2018/05/01... 4月のお念仏の会の記録、5月の予定を掲載しました
    ・5月はインターネット不断念仏会に参加します
    ・24時間不断念仏会の動画配信イベントに参加しました。告知は下記の通り
    増上寺/観智院24時間不断念仏会
     5月12日(土)午後5時から6時までの1時間(会費: 無料) 観智院さんが主催する行事に部分参加します。インターネットで世界を結ぶ24時間の念仏会で、本会場の増上寺では12日午後1時から13日午後1時まで行われます。
    (注)リンクは残っていますが配信は終了しました
  • 2018/04/01... コラムを更新しました。先月の続きです。海外の方からいただいた質問もあります。先月までのコラムは(PC版 | モバイル版)をご覧下さい
  • 2018/03/31... 3月のお念仏の会の記録、4月の予定を掲載しました
    ・お念仏の会は録画方式になりました。若干の編集があるためアップロードが遅めで申し訳ないことです。配布資料は準備でき次第、掲載の予定です。掲載時はここでお知らせします。
  • 2018/03/21... 先月のお念仏の会の録画をアップロードしました。併せて「ダウンロード」のページに配布資料を掲載しましたのでご覧下さい。動画のリンクに誤りがありました、申し訳ありません。
    ・4月8日(日)は花まつりをおつとめします。どうぞみなさんでお越し下さい(詳細は「お知らせ」をご覧下さい)
  • 2018/03/04... コラムを更新しました。過去のコラムは(PC版 | モバイル版)をご覧下さい
  • 2018/03/03... 2月のお念仏の会の記録、3月の予定をアップしました
    ・2月に配信を始めたYouTube動画、仏事やおつとめの意外に知らない作法をまとめてみました。リンクを「新着のお知らせ」の所に貼っておきますのでぜひご覧下さい!
  • 2018/02/01... コラムを更新しました。コラム倉庫は(PC版 | モバイル版)をご覧下さい
  • 2018/01/31... お念仏の会の録画をYouTubeにアップロードしました
  • 2018/01/29... お念仏の会の記録やトップページのお知らせを更新しました。
    ・更新や、更新情報の更新が滞りがちになっていてすみません。今年もよろしくお願いいたします
  • 2017/12/24... お念仏の会の記録やトップページのお知らせを更新しました。久しぶりに百万遍の大数珠繰りを行ないました。皆さんの近況のお話なども皆で聞くことができ、いいおつとめになりました(リンク:お念仏の会の記録
  • 2017/11/27... お念仏の会の記録やトップページのお知らせを更新しました。(リンク:お念仏の会の記録
    ・お念仏の会実況配信に使用しているMacbookのOSをmacOS High Sierraにアップグレードしたら、配信アプリケーションであるWirecast Play(ライト版[v6])がクラッシュするようになり、使えなくなってしまいました。同様の現象はメーカーのサポート掲示板にも報告されており、要するにOSをアップグレードしたので互換性が保証されなくなったようです。本番で配信開始ボタンを押すといきなりクラッシュ。辛かったです。皆さんもOSのメジャーアップグレードにはくれぐれもお気をつけ下さい…
  • 2017/11/02... コラムを更新しました。コラム倉庫は(PC版 | モバイル版)をご覧下さい
  • 2017/10/29... トップページのお知らせとお念仏の会の記録等を更新しました
  • 2017/10/24... 英語ページに第4講を追加しました。2017年8月コラム「お釈迦さまの浄土の教え」の英訳です
  • 2017/10/03... モバイル版の「更新情報」ページの書式を変えました。スッキリ! もっともあまり見てくれる人いないんですけどねー
  • 2017/10/02... コラムを更新しました。コラム倉庫は(PC版 | モバイル版)をご覧下さい
    ・今月のコラムは満を持して会心のお仏壇作り。ぜひご一緒にやってみて下さい!
  • 2017/09/30... 英語ページを更新しました。2002年10月コラム「仏教の『罪』と『懺悔』」の英訳です。関心のある方はどうぞご覧下さい
    ・英語ページはコラムの英訳が中心となりますが、数百ワードの文章一つにも時間がかかるものです…
  • 2017/09/29... トップページのお知らせとお念仏の会の記録等を更新しました
  • 2017/09/12... お寺向けカレンダーをひっそりとダウンロードページにアップしました。何でも手作りする林海庵なのでした
  • 2017/09/11... ここ1週間ほど、サイトの構成やジャンプ先など見直しています。設定の誤りで今までご覧いただけなかったものも散見されますが、少しずつ直していきます。ご迷惑をおかけします
  • 2017/09/10... 英語ページを少し変更/追加しました。ご関心のある方は英語インデックスページからご笑覧下さい
  • 2017/09/01... コラムを更新しました。コラム倉庫は(PC版 | モバイル版)へGo!
    ・英語ページの拡充を図っております。ご関心のある方は英語目次ページをご覧下さい。
  • 2017/08/31... お念仏の会の記録をアップしました。
    ・今回のご法語第十八は畳み掛けるようなドライブ感あふれるお言葉。味わって下さい
    ・今回は、メールでご要望/アドバイスをいただいて実況動画の音声が少しよくなりました。また実況中にチャットで海外からメッセージをもらい、初めての経験で大コーフン。
  • 2017/08/27... Facebookとのリンク設置や、お念仏の会の実況動画の整理など作業しました
  • 2017/08/08... やっとコラムをアップしました。(住職の原稿は早くにできていたのですが、webmasterがサボっておりました。申し訳ありません) 今までのコラムはコラム倉庫(PC | モバイル)へGo!
  • 2017/08/06... トップページのお知らせとお念仏の会の記録等を更新しました
    ・全般に更新が滞っております。申し訳ありません。鋭意準備しておりますのでもうしばらくお待ち下さい
  • 2017/07/04... 7月のコラムを更新しました。5月の更新が下旬になったため6月は欠番です。不定期ですみません。過去のコラムは、PCやタブレットの方は/ColumnPage4PC.html、スマホ等画面小さめの方は/m/columns/c17-18.htmlでご覧下さい
  • 2017/06/25... トップページのお知らせとお念仏の会の記録等を更新しました
    動画ページ資料ダウンロードページも更新しておりますのでお立ち寄り下さい
  • 2017/06/02... トップページのお知らせとお念仏の会の記録等を更新しました
  • 2017/05/20... 今月のコラムを更新しました。今回は長いです。読みごたえあります。
    ・コラムは基本的には毎月月初更新、だったのですが、住職のスケジュールにより今回は下旬の更新となりました。「不定期更新」とした方がいいかもしれません…
  • 2017/05/10... 24時間不断念仏会の動画配信イベントに参加しました。告知は下記の通り
    ●第12回24時間不断念仏会

    5月6日(土) 午後5時から(会費: 無料)
    インターネットで24時間、世界を結ぶ念仏会です。
     主催:24時間不断念仏会
     後援:浄土宗大本山増上寺、浄土宗東京教区教化団、宿坊研究会、丸の内はんにゃ会、フリースタイルな僧侶たち、坊主Bar四谷ほか。
    林海庵は午後5時から1時間参加します。この1時間はひたすらお念仏!
    当日の模様は下記のリンク先でインターネット配信されます。
      観智院のサイトへGo!
    (注)リンクは残っていますが配信は終了しました
    ・更新情報を整理して履歴のページに移しました
  • 2017/04/27... トップページのお知らせとお念仏の会の記録等を更新しました
  • 2017/04/01... 今月のコラムを更新しました。
    ・コラムページ(PC版、モバイル版)の構成の見直しを続けています。リンクなどに不整合が多々あると思いますが、少しずつ直していきます。生温かく見守ってやって下さい。不具合などのお知らせも歓迎します
  • 2017/03/26... コラム倉庫の構成を大幅に変更しました。まだ作業漏れなどあるかもしれませんのでどうぞ大目に見て下さい。親切な方は「ここ変だヨ!」と教えて下さるとさらにありがたいです
  • 2017/03/04... ●平成28年度寄付についてのご報告と御礼
    林海庵では、平成28年度に皆さまからお預かりしたお布施の一部を、下記団体ならびに活動を支援するために寄付させて頂きました。謹んでご報告と御礼を申し上げます。
    浄土宗熊本大地震災害義捐金、アーユス仏教国際協力ネットワーク熊本大地震緊急募金、浄土宗平和協会熊本地震緊急募金、NPO法人難民支援協会、社会福祉法人いのちの電話、公益財団法人結核予防会、浄土宗本山蓮華寺研修道場建設のための寄付、日本ユニセフ協会アフリカ緊急募金、浄土宗東京教区青年会(震災義捐金)、浄土宗開教振興協会、九品仏淨眞寺平成大修繕事業寄付、難民支援協会一般寄付、日本赤十字社(NHK海外たすけあい)、国連UNHCR協会、日本ユニセフ協会シリア募金、全国被害者支援ネットワーク一般寄付、浄土宗東京教区青年会歳末助け合い、浄土宗平和協会平和念仏募金、多摩市社会福祉協議会、アーユス仏教国際協力ネットワーク一般寄付(寄付月日順)
  • 2017/03/03... 今月のコラムを更新しました。また、例年の寄付先のご報告をトップページに掲載しました
    ・スマホ向けサイトのトップページにTwitterへの新規投稿を取り込む設定にしてみました
  • 2017/02/26... トップページのお知らせとお念仏の会の記録等を更新しました
    ・今回の涅槃図の絵解きは面白かったです。動画でも拡大してご覧になれますので、ぜひご鑑賞下さい。ただ音声のレベルが低かったのが反省点。ボリュームを高めてお聞き下さい。おいおい改善していきます
  • 2017/02/01... 今月のコラムを更新しました
    ・インフルエンザ流行中! どうぞお気をつけ下さい
  • 2017/01/29... トップページのお知らせとお念仏の会の記録等を更新しました
    ・今年の行事の日程も各行事のご案内ページで更新しました(お念仏の会のご案内写経会のご案内